札幌福住「Cafe自休自足 六軒村店」美味しい石焼き料理を子連れで。

カフェ自休自足六軒村店のチーズカレー

福住の閑静な住宅街の中。一本中道に入ったところにあり、ともすれば見落としてしまいそうな佇まいの「Cafe自休自足 六軒村店」は、女子が好きそうな古民家をリノベーションしたような、レトロで落ち着く空間。

道内の提携している農家から直接仕入れる無農薬野菜を使用した料理を、天然石でつくられた石鍋で提供してくれたり、自家焙煎の珈琲を扱うなど、店主のこだわりがすごい。

思わず時間を忘れてしまう。そんな素敵なお店、ご紹介します。

Cafe自休自足 六軒村店ってどんなお店?

2007年に新琴似本店のオープン以来、こちらの「六軒村店」は2号店として六軒村エンロケン内に2017年4月10日にオープンしました。『Cafe自給自足』は現在利尻店と合わせて3店舗あります。

もともと札幌大学の学生寮として使われていた建物をリノベーションし、ギャラリーや物造り工房も併設してつくられた「Cafe自休自足 六軒村店」。

『自休自足』という店名には、自分で休むこと、そしてまた自分で歩きはじめるきっかけのカフェになりたい。そんなコンセプトでつけられたそう。

 

1階にCafe自給自足、雑貨の販売コーナーや、日本初女性報道写真家の笹本恒子さん・漫画家のいがらしゆみこさん・押し花作家のたけだりょうさんなどのギャラリー、7月〜10月には無農薬野菜の販売所があります。

2階にビューティーサロンや占い、レンタルギャラリー、ゲストルーム、ワークショップ教室などがあります。

カフェ自休自足六軒村店の看板

 

カフェ自休自足六軒村店の看板

 

靴のまま中へ。

カフェ自休自足六軒村店の入り口

 

青い扉を開け、右側に進み、さらにドアを開けます。

入って右手にカウンターがあり、こちらで注文します。こちらのカウンターの両サイドにそれぞれ部屋が分かれており、席に通してもらえます。

カフェ自休自足六軒村店の内観

 

わたしたちは左の部屋に。大きめの窓が並び開放感があって、気持ちがいいスペース。時間の流れがゆっくりで、落ち着く空間です。雑誌や子ども用の絵本が置いてあります。

カフェ自休自足六軒村店の店内

 

左の部屋は5卓あります。

カフェ自休自足六軒村店の店内

 

カウンターの右側はこちら。丸テーブルがメインで、薪ストーブや薪が置いてあり、左側とは全く違った雰囲気でこちらも素敵。

カフェ自休自足六軒村店の店内

 

カウンターの向かいには雑貨の販売コーナーや、ギャラリーがあります。

カフェ自休自足六軒村店の雑貨販売コーナー

 

Cafe開業塾を行っている

カフェを開きたいという夢を持っている方なら参加したいであろうカフェ開業塾。1講座5,000円と比較的安価で通いやすい金額設定となっています。講義の内容は様々なので、自分にあった講座を受けに行けるのも嬉しいですね。

カフェのオーナー同士の繋がりだったり、夢に向かって頑張っている人と繋がれる交流会もあります。そのほか、1日カフェスタッフ体験や、オーナー体験も行っているので、チェックしてみてくださいね。

▶︎ Cafe自給自足|カフェ開業塾

誕生日のお祝いにもおすすめ!

サプライズバースデーの予約もできるお店。素敵なバースデープレートも用意してくれますよ。

Cafe自休自足 六軒村店のメニュー

メニュー

☆ドリンクセット 1,380円
☆デザートセット 1,680円
☆ランチセット 1,180円

▼石焼メニュー
・トマトパスタ
・チーズカレー
・たらこマヨネーズご飯
・じゃこネギパスタ
・じゃことカリカリ梅のおこげめし
・塩麹入りトマトリゾット
・トマトスープと自家製パン

チーズカレー デザートセット 1,680円

サラダ

カフェ自休自足六軒村店のサラダ

 

一番最初にサラダ。自家製の枝豆サラダ、人参サラダ、根菜のラタトゥイユの3点です。根菜の旨みがたっぷり詰まったラタトゥイユが特にお気に入り。枝豆も甘くて美味しい。

 

スープ

カフェ自休自足六軒村店のスープ

 

利尻島から届いたというとろろを使ったスープ。独自でつくられている、自給自足のハーブソルトとスパイシーソルトをいただきました。薄味なので好みで入れてねとのこと。

出汁が効いていて、この薄くて優しい感じ好みです。子どもにもちょうどいいですね。

 

チーズカレー

カフェ自休自足六軒村店のチーズカレー

 

カフェ自休自足六軒村店のチーズカレー

 

石焼きに入ったチーズカレー。ぐっつぐつの状態で来て、もちろんあっつあつ!最後の最後まであたたかいご飯が食べられるって、ほんとうに幸せを感じます。

程よい辛さのカレーとチーズがあわさってマイルドな口当たり。子どもでも大丈夫です。

お米は北海道産の玄米(四分づき)に、黒米・大麦・もちきび、もちあわ、アマランサス、ごまを混ぜているもの。玄米はなかなか食べられる機会がないから嬉しい。これなら子どもも喜んで食べてくれます。

焼きカレーやリゾットなど、いろいろな食べ方ができるチーズカレー。おこげもカリッカリで香ばしく、美味しい。クセになります。

 

シフォンケーキ・100%オレンジジュース

カフェ自休自足六軒村店のシフォンケーキとオレンジジュース

 

道産小麦にこだわって作られたという、無添加のプレーンシフォンケーキ。見ただけでわかる。このボリューミーさとふわふわ感。とってもふわふわだけど、みっちりしてるので弾力もすごい。

無添加だから味わえる、素材の味。卵の風味も口いっぱいにひろがります。これだけでももう何個も食べられそう。生クリームは自然な甘さでくどくない。自家製のジャムも美味しかったです。

オレンジジュースはすっきり爽やか。

Cafe自休自足 六軒村店の口コミ

利尻関連の商品が多く名物を見るのもまたあり。

コーヒーは注文してから豆を挽く。美味。アップルパイとプリンも石焼きアレンジで出てくる。かなり珍しく北海道産を使用してるので味は本物。

今回はスイーツのみだったが次回はカレーやリゾットを食したい。また楽しみが増えた。また来ます。ご馳走さまでした!!!!

(食べログより引用)

石鍋にてグツグツ状態で到着のカレーは何穀か分からないお焦げが香ばしい穀物米に石鍋の保温力が高くて最後まで熱々の油や塩気が少ないあっさりトマトでカレーで、比較的スパイシーさを控えた仕上がりもトマトの酸味にて食欲ソソラレます。具材は黄緑色と紫色の豆、トマトスライスに水菜辺りを確認出来ました。

またコンソメではないキャベツの味わいする身体に良さげなスープも秀逸です。

お次にコーヒーは廊下に飾られた作家さんオリジナルカップの中から気に入ったものを自分で選び飲み終わればカップの底に作者からのメッセージが現れると言う粋な計らいで、僕は『植物からいつも元気をもらっています』・・・でした(^。^;)。

またプレーンのシフォンケーキもしっとり密度高め、卵に拘りあるに違いない美味しいものでこちらも自家製であろう青リンゴの煮詰めた実とソースがソーグーでした。

雰囲気と言いお料理と言いまた来たくなるお店でした。

(食べログより引用)

Cafe自休自足 六軒村店の営業時間や定休日など

住所 北海道札幌市豊平区福住1条8-3-5
電話番号 011-876-8835
営業時間 11:00~17:00(L.O.16:00)
定休日 12月〜3月は月曜日(祝日は営業)
アクセス 地下鉄東豊線「福住駅」から車で5分
中央バス「福住中央通8丁目」より徒歩3分
駐車場 あり(店前7台)
禁煙・喫煙 完全禁煙
公式HP Cafe 自休自足
子ども関連設備 ベビーカーOKアイコン 禁煙アイコン おもちゃ絵本アイコン 雨でもOKアイコン ベビーチェアアイコン 子ども用食器アイコン

▼ Cafe自休自足 六軒村店から近いこちらのお店もオススメ!

豊平区月寒パンケーキ「金のスプーン」が大人気!子連れランチしました*

2018.11.23

札幌福住のラーメン「常(JOE)」はコスパ最高!

2018.10.24

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA